テクノジェルピローは長いこと使ってました

テクノジェルピロー、みなさんも一度はめにしたことあるんじゃないでしょうか?

枕の上の面に、独自の青いジェルを一面に貼り付けている独特な枕。

私も最初百貨店の寝具売り場で見た時は思わず触ってしまいました。

それからこの枕が気になって気になって仕方がなくなり、でも2万円以上する高額な枕なので、どうしても購入に踏みきれずに迷いまくっていました。

そんな時、テレビショッピングのショップチャンネルで、その日限りのお値引きということで、だいぶお安くなっていたので、思い切って買ったのです。

私の買ったテクノジェルピローは、 コントアというタイプの11センチのです。

テクノジェルピローの使い心地は?

今まで色々枕は購入しましたが、横寝専用枕を買うまでは、このテクノジェルピローが一番良かったです。

これが私のテクノジェルピローです。

青いジェルは見えません。というのも薄い取り外しのできないカバーが本体にかぶせてあるので見えないのです。よく目を凝らすと、うっすら青いタイル状のものが見えますよが・・・

結構大きな枕で、重量感があり、固さはとてもよい感じの柔らかさと固さを兼ね備えています。

低反発枕ににていますが、それよりしっとりとじんわり頭をさせえているような感じです・
低反発枕は冬には硬くなりますが、テクノジェルピローは気温や湿度に関係なく、いつも同じ固さを保っています。

頭を乗せると、フィット感があり、安心できます。

私の購入したコントアという種類は、真ん中にくぼみがあって、手前が低く、奥が少し高めにつくられいます。

横向きに寝るので、高い方で寝ていました。

今まで寝ていたどの枕よりも、高い方で寝るのは私の横寝の高さにあっていたようで、とても楽でした。

だからこそ、長年使い続けていたのです。

肩こり・首こりは治らなかった

楽天やアマゾンのレビューをみていると、「肩コリがなくなりました~」とか「首が痛くなくなりました!」とかありましたが、私はそこまではありませんでした。

私の場合、肩こりや首こりの原因は枕や寝具だけの問題ではなく、根本的な姿勢の問題や、毎日10時間近く使うパソコンやスマホも原因の一つだと思います。
ですので、肩こりがマシになったとか、首コリが楽になったとかの実感はなかったです。

おそらく、レビューした人たちは、きっと原因が枕だけだったのでしょう。
ある意味すごく羨ましいです。
だって、枕変えただけでそこまでなんですから・・・

横寝にはイマイチの部分も・・

頭と首はちゃんと支えてくれるテクノジェルピローですが、横向きに寝る時の手の問題の解決にはなっていませんでした。

だって、この写真みてください。


https://www.technogel.jpより画像お借りしました

画像はテクノジェルピローさんの公式サイトから借りしましたが、手が完全におじゃま状態で、肩を無理やり押し込めて、手は上に、、、モデルのお姉さんはものすごく変な体勢で寝ています。

これでは、手も肩もすごくだるくなると思います。

そういう私も、テクノジェルピローで寝る時は、手を伸ばしてみたり、枕の下に収めてみたり、顔に当ててみたりと、どれもなかなかつらい体勢でねておりました。

やっぱりテクノジェルピローはいいものではあるのですが、横向き寝にはそれほど向いていない形なんです。
仕方ないですよね、枕って、こういう四角いのが常識なんですもんね。

横向き寝専用枕がやっぱり必要だったのです

そう、このように世間で良い枕というものの殆どが、基本的に上向きに寝る人用に設計されているのです。

だから、横向き寝人には、横向き寝の専用の枕が良いのです。

横向きねの私が、いろいろな枕を買って試して、やっと見つけた横向き寝専用枕、YOKONEは、横向きに寝る人向けに設計された枕です。

コチラのページでYOKONEのレビューをしていますので、ぜひ読んでみてください。


横向きに寝ることに考えぬかれた究極の形のYOKONEの公式サイト>>

このページの先頭へ